« ハワード シリーズ0 | トップページ | クォーターリピーター »

ハワード シリーズ0(2)

Flybouy97img600x4501134276755dsc000 顔は極めてシンプルだ。彫刻はすり減り気味だ。個人的には彫刻されていると日常使用ですり減りそうで無垢のほうが好きだ。
1891年の鉄道事故(11人死亡)の原因が4分の時計の停止だったということで、アメリカ鉄道時計は正確で見やすいことを実にアメリカ的に徹底して追求するようになる。この時計も一応鉄道時計規格を通っており、時刻あわせ状態への以降が竜頭引きで行えない。前面のベゼルを外して隠されていたレバーを引き、竜頭を回すと時計の時分が動く。はっきりいって面倒だが実用品じゃないから別にいいのだ。

|

« ハワード シリーズ0 | トップページ | クォーターリピーター »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハワード シリーズ0(2):

« ハワード シリーズ0 | トップページ | クォーターリピーター »