« 精工舎ナルダン型 | トップページ | ローレル »

精工舎ナルダン型(2)

Naldinback さすがにハワードなんかと比べてはいけないが昭和初期の国産時計としては極めて美しい。形状がもろにユリス・ナルダンのコピーというのはこの際おいておくとして。
この後戦争に突入することで磨き技術などは無駄とされ廃れていくことになる。

この時計は大変状態が良くてちょっと揺すると動作してしまう。このためテンプがブレて写っている。

|

« 精工舎ナルダン型 | トップページ | ローレル »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精工舎ナルダン型(2):

« 精工舎ナルダン型 | トップページ | ローレル »