« Amazonの謎 | トップページ | ハワード シリーズ0(2) »

ハワード シリーズ0

Flybouy97img600x4501134276825dsc0_2 この子は割と不遇な子らしい。ハワードは名門なのだが一度経営が傾いてウォルサム社の傘下に入る。当然芸風が変わる。それ以前のハワードをオールドハワードといって区別する。これはシリーズ0、即ちそれ以降のものだ。それでも手を抜いた作りではないのだが。
47727489s_2 大粒のルビー、磨き上げられた角穴車、キンキラのケース(14金の無垢だ。はっきりいって日常使用には重い)とハデハデである。
余談だが札幌時計台の時計はハワード製である。

|

« Amazonの謎 | トップページ | ハワード シリーズ0(2) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハワード シリーズ0:

« Amazonの謎 | トップページ | ハワード シリーズ0(2) »