« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

プラレール

一畳だけならよいと言われたらしいが、これは……
http://star.ap.teacup.com/pettanesa/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Surefire G2 LED(5)

最後にシュアファイアのエピソードをいくつか。

  1. 9AN購入したら、充電器に「充電完了したら化粧箱に戻すな うっかり点灯すると箱に引火する可能性がある」と書いてあった
  2. そんなバカなと思って6Pを連続点灯してたら数十分で前面ガラスが溶けて歪んでしまった(実体験)
  3. メーカーもまずいと思ったらしく最近の上級機はパイレックスガラスを採用

まあ凄いメーカーなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Surefire G2 LED(4)

不満点もないわけではない。
とにかく価格だ。先述の黄色いボディ版が「特価9,000円」だった。あのデザインの懐中電灯に一万円払う人はあまりいるまい。電池代考えたらさらにである。リチウム電池互換サイズ充電池というものもあるが、何事もギリギリなSurefireに使うと一発でパンクする。
しかし9AN(54,000円)買っちゃった自分には毒食わば皿までなのである。
というわけでSurefireを実用っぽく使ってみたい人にはオススメ。一般使用にはまだちょっとツラいかなといったところ。
ただ意外な使い方はある。リチウム電池は自然放電が極めて少なく十年程持つ。つまり非情持ち出し袋や自動車の工具箱に放り込んでおけるのだ。ブラックがあるのに黄色を選んだのはその為だ。
もっとも保存・非常用が目的ならホームセンターで買ったライトにリチウム電池入れれば? という話にはなるのだが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Surefire G2 LED(3)

なら何故それが商売として成り立つのかというと本来軍・警察用だからだ。このサイズにして圧倒的な光量を持つのである。市街戦で室内を捜索するだけでなく、目つぶしにすらなる。さらに一部モデルはそのまま殴るために鋭利な突起がついていたりする。

脱線した。
Koolbeam とりあえず手元のKOOLBEAMスーパーマックス8と比較してみる。これとてLuxeonIIIというLEDを使った強力なライトだ。ちなみにモニターキャンペーンでタダだった。すると……Briteness
左がKOOLBEAM、右がG2 LEDだ。中心光がより明るく、
周辺光は圧倒していることがわかる。光源を見ようとすると頭がくらくらする。写真ではこの程度だが、実際に見るとかなり違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Surefire G2 LED(2)

昨日紹介したG2とG2 LEDの違いだが見かけはほとんど変わらない。G2は光源に白熱電灯を使用し、G2 LEDは発光ダイオードを使用している。Led 明るさは60ルーメン(明るさの単位)から80ルーメンに伸び、電池の持ちは60分から12時間に伸びた。なんだ、いきなり10倍とは。
電池はカメラ用等によく使われるCR123A(ヤフオクで200円弱)を2本使うので、G2 LEDとて入手性・経済性はあまり良くない。ちなみに純正電池は2個で1,260円だ。一時間で千円消費する懐中電灯とは何物だ、と誰しも思う。G2に至っては普通に考えたら「論外」だろう。
写真は6PにLEDモジュールを移設してみたものだが、とにかく光源はこんな感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Surefire G2 LED(1)

G2 なんとも見栄えのしない懐中電灯である。しかしながらこれ、これでもSurefire社の製品なのだ。Surefireは59万8千円という狂気の懐中電灯を販売したことがある(本国では半額ちょい程度だったらしいが)高級メーカーである。高級というか軍用・警察用のイメージが強い。
当該ライトはSurefire社の代表作である6Pをプラスティックに置き換えたものだ。プラスティックといってもニトロロンと彼らがよぶこの材料は非常に品質は高い。見栄えはしょおもないが。G26p
実は6Pも持っていたりする。ならば何故買ったのかというと、これはニトロロンを使ったG2の特殊バージョン、G2 LEDなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷先生の新作が出るぞー

http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0287643

覇者の戦塵1943 - 空中雷撃

長射程噴進爆弾――丸大兵器の開発が難航する中、米軍がハワイ諸島に新鋭大型空母を配備! 緊迫する太平洋戦線の行方は!?
佐藤大輔と違い谷先生はとにかく何か書いてくれるのがありがたい。ストーリー的にはやっぱあれがああなるのだろうなあ。畜生何書いてもネタバレになっちまう。
こりゃみな買うしか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LINN

LINNというオーディオ会社があるのだが、オススメ構成が
http://www.linn.jp/products/system/hifi_a.html
せんろっぴゃくまんは仕方ないにしてもせめて50円は切りなさいよ、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でんちしきかいちゅうでんとう

http://www.lighthound.com/index.asp?PageAction=VIEWPROD&ProdID=1983

少々旧聞に属するが要するに006Pの電池の上にはめると懐中電灯になるよーんというキットである。少々欲しい。買わないけど。
http://www.lighthound.com/index.asp?PageAction=VIEWPROD&ProdID=1994
ちゃんとストラップとホームページがあるのが笑える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもみこし

うちのおかんが子供神輿の動画をブログにアップしたらしい。
そうしたら外人からコメントが来てしまったらしいく対応を相談された。
「なんですか、これ。小児労働者ですか。マジですか。それとも子供に忍耐と協調を教える訓練ですか」
ああこう捉えられるんだと思いつつ英語版wikipediaでmikoshiを引いて説明しようとしたら
たまに死人が出る
とか書かれている始末。
すったもんだの末英文の説明を書き上げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書感想文

滝沢聖峰 安部窪教授の理不尽な講義 1 読了。
そういやこの人こういうの昔描いてたなあ、とか懐かしく思う。
ポルターガイスト現象が現に起こっているのに「原因者もその発生経緯も分かっているからこれは超常現象ではない」と言い切る安部窪教授ワロス。
ただ滝沢聖峰作品未読なら先に読むべきものがあるような気がする。飛燕独立戦闘隊とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドルマスター

といってもアニメ版の話である。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070803/bandai.htm
あの番組で出てくる少女はアイドルではない。アイドルマスターである。アイドルを操る者なのだ。
アイドルは巨大ロボの名前だ。

アイドルが夢の競演、か……
東京は滅びたに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »