« コメント欄 | トップページ | はいえんど おーでぃお#5 »

惑星のさみだれ

「惑星のさみだれ」の3巻が出た。
「トカゲの騎士」である主人公が「姫」であるお隣さんの少女の許で地球の破壊を企む魔法使いアニムスと戦う、というあらすじだけ聞くとベタベタな話であるが実は姫の目的がアニムスを阻止し自らの手で地球を破壊する、というのがミソだ。
世界を愛し地球と無理心中しようとする姫と、世界を憎悪し姫の企図を知りつつ姫に従う主人公の微妙な関係が実に良い。姫の真の目的など知らぬ周囲の人物たちの微妙な関係がまた良い。3巻はついに「敵」であるアニムスが登場した。
Hellsing読むついでに読んでいたが思わぬ拾い物だった。今ではHellsingよりこちらを目的にヤングキングアワーズ読んでる感じだ。
ヤングキングアワーズは超人ロックが掲載されているのが非常に不安な感じだ。雑誌潰れないだろうな……いや、面白いからいいんだけどね。

|

« コメント欄 | トップページ | はいえんど おーでぃお#5 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惑星のさみだれ:

« コメント欄 | トップページ | はいえんど おーでぃお#5 »