« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

電脳コイル

盛り上がりまくりである。
声優などに詳しくない自分は劇中唯一の常識人ヤサコと、ぱにぽにだっしゅ!のオメガバカこと片桐姫子が同じ声優さんだということを知り芸の奥深さを痛感するのだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

えろトラックバック

久々に更新したらわずか一時間ほどでエロトラックバックがついていた。
>パリス・ヒルトンのS●X映像の第2弾が流出していた。

パリス・ヒルトンのSFX画像とかだったらどうなっちゃうのだろうか。どうでもいいか。
しかしパリス・ヒルトンは、自分が愛する時計の形式「パリス環」を使った時計を検索するときとっても困るので正直名前変えるかどっか行ってほしい。「パリスカン」とか「パリス式」などと書く人もいるのでパリスで検索するとひたすらパリス・ヒルトンが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本恐るべし(2)

http://www.recordchina.co.jp/show.php?img=CFP388621270-1.JPG
盧溝橋でこんなもん使ってれば大陸では圧勝だったのも無理はない
なんでM4やT-34相手に使わなかったのかが謎だが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本恐るべし

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=88483&servcode=400&sectcode=400
>海上自衛隊の駆逐艦「さみだれ」(50100トン)と「うみぎり」(40200トン)が釜山第3艦隊のふ頭に入港した。
あのーミッドウェイ級空母の建造時(45,000トン 但しあとでアホみたいに巨大化した)よりデカいんですが
ちなみに実際のさみだれは基準排水量4,550トン。満載排水量がどれ位かわからないが当該記事は恐らく満載を参考に5100トンと書こうとしたものと思われる。

かの国の新聞はどうしてこう数字に弱いのか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冥王星ふたたび

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007061500185

冥王星もう踏んだりけったりである。かわいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チンクチェント

イタリアはフィアット社。
アルファロメオより下でアウトビアンキより上くらい。普及車メーカー。
Fiat500(チンクチェント)はフィアット社を代表する車。
時々全然違う形でリバイバルする。
で。

http://www.fiat500.com/eng/home_32.asp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまぞん凄いなあ

http://www.amazon.com/JL421-Badonkadonk-Land-Cruiser-Tank/dp/B00067F1CE/ref=pd_bbs_sr_1/104-3454101-1866357?ie=UTF8&s=miscellaneous&qid=1181218362&sr=8-1
なんだ、こりゃ
しかも在庫ありだし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ガンダム00だそうで

http://www.gundam00.net/
キャラクターデザインが高河ゆんだそうで。正気か。
コードギアスの二匹目のドジョウでも狙ったか。

もうそろそろガンダムを凌辱するのは止めてくれまいか。
どうせならクロスボーン・ガンダムでもアニメ化すればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国恐るべし

※掲載時点で訂正されているかも
現代自「ジェネシス」、国内価格5千万ウォン台か
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2007/05/31/0500000000AJP20070531004000882.HTML

 ジェネシスの最大出力は3300モデルが260万馬力、3800モデルが280万馬力、輸出用の4600モデルは360万馬力以上となる。

ジェネシス、スゲェ。超大型タンカーより大出力だ。
かの国の報道はどうしてこう数字に弱いのか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はいえんど おーでぃお#5

ゴールドムンドは先も出たがこんなん作ってる会社である。
で、これはその会社の旧型である。おそらくMINESIS SRに相当する旧型(DACがない)と思われる。
この種の「中身カラッポやんけ」系はこれもショックが大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星のさみだれ

「惑星のさみだれ」の3巻が出た。
「トカゲの騎士」である主人公が「姫」であるお隣さんの少女の許で地球の破壊を企む魔法使いアニムスと戦う、というあらすじだけ聞くとベタベタな話であるが実は姫の目的がアニムスを阻止し自らの手で地球を破壊する、というのがミソだ。
世界を愛し地球と無理心中しようとする姫と、世界を憎悪し姫の企図を知りつつ姫に従う主人公の微妙な関係が実に良い。姫の真の目的など知らぬ周囲の人物たちの微妙な関係がまた良い。3巻はついに「敵」であるアニムスが登場した。
Hellsing読むついでに読んでいたが思わぬ拾い物だった。今ではHellsingよりこちらを目的にヤングキングアワーズ読んでる感じだ。
ヤングキングアワーズは超人ロックが掲載されているのが非常に不安な感じだ。雑誌潰れないだろうな……いや、面白いからいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »