« 迷惑メール | トップページ | 不思議な歌詞 »

つづきが出ない

我が尊敬する小説家が佐藤大輔先生と谷甲州先生である。
佐藤大輔先生は、最近ほぼ諦めた。地球連邦がどうなるのか、三州公がどうなるのか、パナマは一体どうなってしまうのか、知ることはかなわぬだろう。わずかな期待は皇国の守護者の漫画が続いていることか。デストロイオールヒューマンズとかやってる場合か先生。

谷甲州ファンと佐藤大輔ファンは重なるところが多い。そして谷先生のファンは言う。谷先生は待っていればいつか出す。佐藤大輔ファンだったらこうはいかない。
谷先生は最近日本沈没第二部を上梓された。小松左京とか書いてあるが読めば読むほど全部甲州節だ。無駄に寒いし。それは良い。
しかし旧来からの継続ものである覇者の戦塵が出ない。
ましてや航空宇宙軍史は出ない。

そんなところまで佐藤大輔に似なくていいのに、である。
まあこの人の場合冬場本が出ないのはしょうがないかもしれない。小松市にお住まいなのだが冬場は窓を開けっぱなし暖房をかけずに執筆しているそうだ。手がかじかんでタイプ速度が落ちるのだ。それだけに寒さ描写は素晴らしい。

ちなみに佐藤大輔をちょっと体験してみるなら「黙示の島」、谷甲州なら「ヴァレリア・ファイル」あたりがお勧めだ。少なくとも完結している。未読の方はこんな面白い小説を読んでいなかったのかと思うに違いない。
それは煉獄の始まりであるけれども。

|

« 迷惑メール | トップページ | 不思議な歌詞 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

小説好きだから読んでみます
読んだことない小説家です
小説っていいですよね!
読んでいる間はその世界に入り込めてしまうから

投稿: ノブ | 2007年4月14日 (土) 09時45分

書いて忘れてましたが黙示の島はホラーです。
すっげぇおっかないです。
ホラー嫌であれば文庫が出た「征途」がおすすめ。
ヴァレリア・ファイルは中央公論社から復刊されたものがお勧め。

投稿: なかた | 2007年4月14日 (土) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つづきが出ない:

« 迷惑メール | トップページ | 不思議な歌詞 »