« 親がiPodを買う | トップページ | MOONLIGHT MILEの先行版を観る »

ソ連の時計

ソ連の時計ショップであるな。
http://cosmo-watch.com/WP-AM.htm
\36,900の潜水時計である。フェイスガードが着脱可能である。カコイイ。

*実際の潜水は避けてください

たまらん。こういうところがたまらん。
しかしあたりを掴めばすごく高性能なあたりがたまらん。
うちのポレオットは1万5千円でクロノグラフ(ストップウォッチ)付きだ。
機械式腕時計にストップウォッチって役に立つのかと思うだろうがこれが大変役に立つ。通勤時間のうち自動車乗車時間と乗り継ぎで歩いている時間を計測し高速列車の意味を判断する、すき家(吉野屋は牛が出なければ買わない)でメニューごとに出るまでの時間を計測する、バタリと倒れて点滴打つ時に時間を計測するなどさまざまな用途がある。

内緒の話でっせェ
「ブライトリング」という時計検索してみなっせェ。
ブライトリングは中身は作ってなくてETAの7750という自動巻機械から買ってるんでっせ。
ポレオットの中身はこの一つ前(手巻き式)ETA7734のコピー品なんでっせェ(ライセンスはクリアしているらしい)。
たかが一日一回ぜんまい巻く手間で値段差が(略)

|

« 親がiPodを買う | トップページ | MOONLIGHT MILEの先行版を観る »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ連の時計:

« 親がiPodを買う | トップページ | MOONLIGHT MILEの先行版を観る »