« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

アニメがアニメなんや

釣りスレッドである。
先月の屑トラックバックは「アニメがおもろないんや」というタイトルのものに集中していた。
ロボットがタイトルを見てトラックバック付けているとすればこの記事に相当数のトラックバックが集中するはずだが……?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キーボード(4)

ちなみに過去のキーボード一覧は
http://www.pfu.co.jp/hhkeyboard/kb_collection/index.html
で閲覧できる。見ての通り、変換・無変換キーを積極的に使わせるキーボードは結構多いのだ。いまや中途半端に巨大な邪魔者と化した変換キーが哀れでならぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボード(3)

入力環境に関してついでに言うとろくに漢字変換キーもなかったPC-9801及びATOKの死霊に取りつかれすぎである。変換キーがまともに手に届かない9801ならいざしらず、親指を少し曲げれば変換・無変換キーをタイプできる106キーボードで「スペースキーで変換してEnterで決定」というのは疑問を感じてしかるべきではないか。なにしろワープロ専用機で変換・無変換キーを活用しないものなどなかったのだ。単語登録キーがあってもいいくらいだ。販売されているIMEで本当にワープロ専用機に迫る入力環境を実現するものはOASYS位しか知らない。これもバグが多く変換エンジンが馬鹿で、今から使おうとすると違和感を感じるだろう。
慣習というものは恐ろしく、もはやこの入力スタイルが覆されることもないだろう。
呪うべきはPC-9801にATOKである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボード(2)

とはいえ親がキーボードに抵抗感を感じるのはわからんでもない。名機として名高い5576-A01からなら殊にそうだ。最初にダメダメキーボード渡しておけばよかったのにという話はあるが。
とにかく昨今ずいぶんキーボードは悪くなった。ノートはそう酷くなっていないのだがデスクトップは酷い。まあ、かつてのキーボード代金でコンピュータが一通り買える今日このごろだから、コストダウンのしわ寄せが来るのも当然ではあるのだが。
田舎だと「よいもの」に触れる機会自体がなかったりする。メカニカル式キーボードを売っていてもケースに入っていたりで、それがどれくらい自分にマッチするのかわからないのだ。現に自分は世間で評価の高いHappy Hacking Keyboard大嫌いだし、人の好みは千差万別だというのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親の道楽(キーボード(1))

母がブログ始めた。60の婆さんが軍用ネットワークシステム使って庭仕事の情報収受するというのも結構SFだと思う。アニメGIFの作り方だのPhotostoryの使い方(wmvファイルの作り方)だのどこからそういうことを聞いてくるやら。しりぬぐいは全てこちらである。
筆者のお古を使っていたのでキーボードはIBM 5576-A01という結構高価な旧式モデルを付けていたがキートップ沈み起こしたときキートップ引っこ抜いて危うく壊すところだったので没収しメンブレン式のなかでは比較的よいものを代わりに提供した。しかしそれすら気に入らないらしい。現在はSOTECに買い換えたが、付属するキーボードなど問題にならないそうだ。

かつてタイピストだったからといってそんな所にこだわってどうする、とおもいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPAM

先日「SPAMがたくさん来る」という記事をあげたがそれにもエロトラックバックが付いていた。

面白いから残そうかとか思ったがやはり削除した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すてきねトヨタブレイド

http://response.jp/issue/2007/0119/article90423_1.html

「アルカンターラという素材は毛の流れがあるので触ると模様のように見えます。それが日本のユーザーには好まれなかった。同じようにアイボリーカラーも汚れが目立ちやすいので提案しづらかったんです」
ちなみにうちの7年落ちのポンコツプジョーはシートがアルカンタラ張りである。アルカンタラというとなんか凄そうだが東レのエクセーヌである。
http://www.ecsaine.com/auto/index.html
なんか名前だけでありがたみが半減気味な気もする。
ちなみに触感はよいが段々すり切れてくる。自動車シートがすり切れるのはちょっと大変だ。
アルカンターラを普段手の触れない所に貼ってどうすんだよそんな金があったらシートもうちょっとなんとかしろよ、という気はする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い

薬が変わったせいかとんでもなく眠い。まあ病人が眠いのは結構なことかもしれないが。
何をする気力も沸かないのは困ったことだ。まあ病人が(ry

自転車整備したいのう。したいのうあんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Panasonic Let's note

いささか旧聞に属する話題だが愛用するLet's Note Rの後継が出た。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0117/pana1.htm
バッテリーが4セルに減っているため稼働時間が大幅に減っている(R5の駆動時間は公称11時間)。モバイル機にCore Duoが必要だったのだろうか。R5はLANコネクタやモデムコネクタ等の使わない人はまったく使わないコネクタにカバーがついているがそれもオミット。
Vista対応でなにか勘違いをしたのだろうか。R5買っておいてよかったと思う今日このごろである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ウイルスバスターのご機嫌が悪い

経済性考えると市販ウイルス対策ソフトはウイルスバスターかなとは思うのだが。というのは年次アップデートが無料(2006利用者は無料で2007に)、1ライセンスで3台にインストール可能(自分の、モバイル機の、親のに一度にインストール可能)というのは魅力的だ。
が、最新版の2007は異様に重く、またサスペンドレジュームがうまく動かなくなる事があるなどどうも怪しい。結局2006に戻した。
ウイルスバスター使用者の方々、ご様子どうでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポルシェデザインの時計

しかしさきにポルシェデザインの時計のレプリカという話を紹介したが自分のイメージではポルシェデザインの時計というとIWCのOCEANシリーズなのだがあれはチタン合金製のガワでひょっとしたら作れば作るほど赤字という代物だが本当にレプリカ作れるのだろうか。チタンで安くレプリカを作ることができるならむしろその実力だけで食っていけそうだが。ステンレスで作ると重量が全然違うしそもステンレスで作ってもあの形状出すのは大変だろうしなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SPAMがたくさん来る

最近閉鎖したがしばらく前までホームページ開いていてメールアドレス公開していたのでスパムは無闇矢鱈と来る。
日本が「出会い系」「逆援」に対しアメリカはバイアグラにレプリカウォッチと、アメリカのほうが一歩進んだ構成(日本はお相手探し、アメリカはお相手は調達済みの設定)になっているのが笑える。もっともこれは狙っている年齢層が違う(バイアグラが必要なのは勃起力の衰えた人間ということだし、逆援なんぞにひっかかるのは相当な阿呆と思われる)のかもしれず、ということはアメリカのほうが相対的に高年齢層までおバカさんが蔓延しているということかもしれない。

とりあえずレプリカウォッチがロレックス程度なのをなんとかして頂きたい。かくもロレックスをありがたがっているのは日本とアメリカ位で、格としては中級程度でしかないのだ。正直ロレックス差し上げると言われてもできれば同価格帯のジャガールクルトとかゼニスに替えてほしいくらいだ。欲を言うならパテック・フィリップ社のカラトラバを頂きたい(同社の最低価格ライン:120万程度)。
もっともルクルトの代表作レベルソはちょっとコピーしようがない特殊な構造(着用したままで時計を裏返すことができる)だったりパテックフィリップに至っては最低価格ラインからケースが金無垢だったりとこれら製品はレプリカの作りようがないのだが。

まあスパムメールにパテックフィリップだのバシュロンコンスタンタンだの掲示されても「ハァ?」なので仕方ないことは仕方ないのだが。ロレックスは名前売るに関しては実にうまくやったと思う。
……と思ったら来た。We have Movado, Omega, Oris, Panerai, Porsche Design, Rado, Tag Heuer, Technomarine, Vacheron Constantin!!!
ちゃんとバシュロンコンスタンタンのパチモンも扱っているではないか。しかしオリスやラドーをわざわざパチモンで買ってどうするのだろうか。パチモンに手を出すからには誰かにお、あいつ○○つけてると誤認してもらわなければならない筈だが知らないだろモバードとか普通。ポルシェデザインはちゃんとチタンなのかとか謎が謎を呼ぶがさすがに手は出さない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アニメがおもろないんや(補遺)

しかしアニメが面白くないというタイトルにアニメの宣伝のトラックバックするのもご苦労な話というかいっぱい付いてるなこれが。ジブリ批判も入れたつもりなんだが。
キャッシングローン(正直サラ金というのはよくわからない)等は削除するがこういうのは面白いので残しておくことにする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戦闘糧食(7)

総括として、一食分がスプーンからヒーター、歯磨きガムにトイレットペーパーまで完結するMREは非常食として研究する価値が極めて高い。皿がいらないというのがまた大きなメリットだ。
ただしゴミはやたらと出る。空中投下ができるんだから当たり前だが埋めるのも大変だ(埋めないとこちらの戦力を暴露することになる)。

市場に出回っているものはあくまで廃品なので喫食は自己責任であるが基本的に初心者は
・なんとかwithライスというのは避けよう。なにか澱粉のオバケみたいな粒と対面する羽目になる。しかもFRヒーターは1つしかついて来ないので冷飯か冷肉かの選択を強いられる(コメはなにやっても不味いので澱粉食ってると思って冷飯がオススメ)。
・ベジタリアンフードは避けよう。実に味気ない上カロリー補充のために缶詰相当のピーチやパイナップルが入っていてイカモノ食いのありがたみが減る。
・クラッカーに載せるチーズスプレッド・ピーナツバターはなんかものすごい物体が出てくるがそういうものだ
・ドリンク類がいつも二種類入っているがそういうものらしい
・デザート菓子類は、クッキー・スポンジケーキならラッキー。結構うまい。市販駄菓子類がパックになっている場合、これらは海原雄山が「あの味覚音痴のアメリカ人が」とか言うのにうんうんと頷いてしまうような出来である。
・アメリカル社とワーニック社製がある(あと1社くらいあると聞いたような)が選べるならアメリカル社がおすすめ。

選べるならチキン系選べばあまり違和感なく食べられると思う。
新品一箱一万円だったら正式に備蓄用として買いたいくらいだが、廃品だからこの値段なのだろうなきっと。
とりあえず漫画等のMREはゲロマズという描写は少々リサーチ不足だと思う。
または自分の舌ないし食生活が悲しいほど貧弱であるか、どちらかだ。自分が最初に食したときの感想は「非常食にいいもん食ってるなあ。あの国と戦争しちゃいかんわ」だった。自衛隊の戦闘糧食I型は食したがMREのほうがうまいと思うがなあ。II型を食したことはまだないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘糧食(6)

少々謎があるのはそのラインナップだ。
ムスリムフードはわかる。現地で住民懐柔するのにも便利だろうし。
ベジタリアンフードというのがある。マジで肉が入ってない。そのかわりフルーツ類が無闇と入っている。これでカロリーの帳尻を合わせているのだろう。チーズプレッツェルが入っているがこいつは牛の酵素(レンネット)使ってないのだろうか。使ってたら台無しだが。

それはそれとしてつまりこのフードを必要とする者は「動物はかわいそうだから食べないけど、人間は撃っちゃってOK」なわけだろうか。
なんかこう鯨などにも繋がる彼等の主義をかいま見る気はする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘糧食(5)

一方非常食としての欠点も明白で、現在ではMREを備蓄食糧とするのはお勧めできない。つまり市場に流通しているのは基本的に廃品だということだ。米軍の場合気が利いていて、一年程度期限に余裕を取って放出するし、食って腹を壊したことはないのだが。
味付けはお年寄りなどには向かない。これは日本の非常食を用意するべきだろう。

アメリカで売っている民間用MRE同等品を日本でも販売してほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘糧食(4)

さすがに軍用に開発されただけあって、非常食としても優れた特性を持っている。なにより素晴らしいのは1パックで1食分が全て完結し(スプーンから塩、歯磨きがわりのガムまで付いている)、温かい飯にありつけることだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘糧食(3)

R0012475 今回食したのはBEEF PUTTYであった。FRヒーターが不発で冷たい肉を食う羽目になった。別に温め直せばよいのだが面倒くさいからMRE(戦闘糧食)で済ますのであって湯せんするくらいなら普通の飯を食う。中身は基本的にコンビーフの塊だった。味付けが適当なトマト味なだけで肉自体はしっかりしている。
食べると割と元気になる。元気になるクスリでも入っているのか、といった冗談が出かかるが、本当にそうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦闘糧食(2)

米軍の戦闘糧食はマズイとよく伝えられるがそうでもない。うちのオカンの飯より余程マシだ。また、日本の保存食ほど露骨に「防災訓練」をイメージしないのもありがたい。ただし全部同じ味だ。さらにそれを同じ味にすべくタバスコの小瓶までついている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戦闘糧食

Mre たまにかつての学食のラーメン食いたくなるのと同じ要領で、時々米軍の戦闘糧食が食べたくなる。なんでこんなもの常備しているかというと自宅が地震危険地帯だからである。烏龍茶などの形で水等も保存しているが(太陽光温水器の水があるから早晩困ることはないのだが)この一環だ。なにしろ1パックで完結し、スプーンまで付くのが素晴らしい。しかもFRヒーターという、水を入れると発熱するパックまで入っており、文字通りのヒッキーでも温かい飯が食えるのだ。
民間型(アメリカでは販売)を日本でも販売してくれないものかといつも思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でかい宇宙船

http://www.merzo.net/

ご存じの方のほうが多いと思うがドラッグで動かせる。
大和とヒンデンブルグを重ねてみると飛行船のデカさに驚愕する。
ちょっと前まで一番でかいのはマクロスのフルブズバレンズ要塞だったが、最近リングワールド(ラリイ・ニーブンの小説に出てくる居住施設)やダイソン殻といった太陽系クラスの装置が出てきて最大の座はアメリカに奪われた。
誰かバスターマシン3号+スレイブ(銀河系クラス)のイラストと諸元送ってやってくれ。
それでもダメなら生贄砲だ。

あとスターデストロイヤーとエグゼキューターって全然違う船やん、とか20年かけて建造したデススターを遥かに越えるデススター2をさくさく建造できちゃうのは何故とかいろいろおもいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメがおもろないんや(5)

それでも、作り手の奮起を期待するのは間違いではあるまい。
エヴァンゲリオンの偉かったのは本当はそこだと思う。新鮮な映像表現ではあった。少なくとも前半は。後半は作者としての倫理にもとるものだが。

本当は作り手になりたかった。全て諦めきったわけではないが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アニメがおもろないんや(4)

もっとも、子ども向けは揃っているという気もしないでもない。
ゴレンジャーでもバイオマンでもボウケンジャーでも、それが繰り返されたフォーマットだろうとどうだろうと、子供の受ける衝撃は同じだ。勇者しかり少女漫画しかり。
要するに大人の繰り言にすぎないのかもしれない。もう特撮やアニメは卒業しろと言われているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー

パラゴンというJBL社伝説のスピーカーがある。さすがに実物拝んだことはない。

http://www.tamabi.ac.jp/mc/mc7/paragon/paragon.htm

バラゴンは地底怪獣だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメがおもろないんや(3)

しかしそれは6~80年代の人たちがやってきたことなのだ。フォーマットなどないところから手さぐりでフォーマットを立ち上げる作業、誰かが一つを完成させればそのパターンでしばらく食える(テトリスが出てからずいぶん沢山の落ちモノが出た)。

漫画か小説ならそれが出来ると思った。もはやアニメやゲームは巨額のビジネスとなってしまい冒険が出来ない。独創的なアイデアで人をあっと驚かせ、ひっぱっていくことができると思った。しかし自分にそこまでの才能はないらしい。
いや、目が見えている限り、諦めてはいけない。
が、挫けそうだ。

誰かが新風を取り入れなければならんのだ。
文部省なんてぇところからメシ代もらっちゃ絶対にあかんのだ。
本来刺激とはお固いところからは遠ざけられるべきものなのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメがおもろないんや(2)

即ちいま我々が行っていることはイメージの縮小再生産・劣化コピーだ。そして消費者はそれを消費するだけだ。同じようなシチュエーションで同じように萌えればそれで財布の紐を緩める。音楽団体がwinnyに怒る遥か前から兆候はあったのだ。宮崎駿だって紅の豚以外全部コナンの咀嚼縮小再生産ではないか。ラピュタ好きだけど。

いいかげん宮崎駿は善人の仮面とっぱらって豚のカリウスがT-34とドッカンドッカンやる話とか作るべきだと思う。併映はウサギのバウアーで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメがおもろないんや

特撮・ゲームもそうだが。
ウルトラマンというフォーマットがある。光っぽい銀赤の巨人が怪獣とプロレスをする。
ガンダムというフォーマットがある。角の生えたロボットをなんか少年が操縦する。
仮面ライダーという……

要は過去の成功を再生産しているのである。冒険していない。発展したところといったらヤンママ捕まえるためにイケメン男優を使うようになったことくらいだ。気持ちはわからんでもないが。ゲームもそうだ。ただタマをばらまく量を競うシューティング。定型化された少年が放浪するRPG。萌え。
全て継承とカイゼンである。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

デジカメを検討する

やはり親から高性能カメラ借りるというのも屈辱で新型が欲しいと思いつつリコーGX8が異様に安くなっているのに気づくがこれは新型の兆候でしょうかそれともリコーがデジタルカメラから撤退するんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人にヘリクツを語れる時計

スーペリアツィンクオーツを入手したことで、クォーツ、事実上時計あわせ不要のクォーツを手にしたことになる(一年かけても、いつも愛用する時計の一日分も狂わない)。そうすると音叉時計はその機構の脆弱さが不安になる。実際いま水銀電池ではまともに動かず酸化銀電池でないとトルクが不足する。衰退した理由がよくわかる。機械式時計はやはり不正確だ。しかし、全て愛しい。

機械式時計も含め、趣味というのはヘリクツが喋れればそれでいいのかな、とも思う。クォーツ全盛のこの時代にわざわざ機械式をつける人、ましてや音叉時計をつける人ってのはそのヘリクツを愛しているのだろう。実際には時間など携帯電話で分かるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございました。

ことしもよろしくおねがいいたしまする。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »