« アニメがおもろないんや(2) | トップページ | スピーカー »

アニメがおもろないんや(3)

しかしそれは6~80年代の人たちがやってきたことなのだ。フォーマットなどないところから手さぐりでフォーマットを立ち上げる作業、誰かが一つを完成させればそのパターンでしばらく食える(テトリスが出てからずいぶん沢山の落ちモノが出た)。

漫画か小説ならそれが出来ると思った。もはやアニメやゲームは巨額のビジネスとなってしまい冒険が出来ない。独創的なアイデアで人をあっと驚かせ、ひっぱっていくことができると思った。しかし自分にそこまでの才能はないらしい。
いや、目が見えている限り、諦めてはいけない。
が、挫けそうだ。

誰かが新風を取り入れなければならんのだ。
文部省なんてぇところからメシ代もらっちゃ絶対にあかんのだ。
本来刺激とはお固いところからは遠ざけられるべきものなのだから。

|

« アニメがおもろないんや(2) | トップページ | スピーカー »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメがおもろないんや(3):

« アニメがおもろないんや(2) | トップページ | スピーカー »