« いろいろ入会する | トップページ | で、懲りずに »

夢を見た

おとろしい夢だった。
踏切に寝ころがって起き上がれなくなってしまった。町の定めとして誰も手を貸してはくれぬ。列車はしずしずと入線してくる(終着駅だった)。これはまずいせめてこの線には入らないでくれと思っていたらちゃんと転轍機が動いた。ほっとしたのも束の間電車は自分がどくのをまっている。ヤバイ電車止めたらえらい金取られると聞いた。誰も手を貸してくれない、ともがいているうちに目が覚めた。

|

« いろいろ入会する | トップページ | で、懲りずに »

心と病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢を見た:

« いろいろ入会する | トップページ | で、懲りずに »