« 夢を見た(5) | トップページ | 皇国の守護者(4) »

別な夢を見た

紺野は純粋におそろしい夢だった。これは夢だ、夢に違いない、思った。そして目が覚めるように念じ目が覚めた。……というのも夢だった。
二重に夢を見ていたことになる。ここははたして現実なのだろうか。

|

« 夢を見た(5) | トップページ | 皇国の守護者(4) »

心と病」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別な夢を見た:

« 夢を見た(5) | トップページ | 皇国の守護者(4) »