« ソ連の時計(3) | トップページ | ソ連の時計(5) »

すき家で並盛豚汁定食が出てくる時間

1分35秒。

クロノグラフ(ストップウォッチ付き時計)は結構楽しいということがわかった。自分の食事に要する時間などを計測しておくだけでなく、踏切遮断機、コンピュータの起動時間などイライラするものは「計測するぞコノヤロー」である。

時計は困ったことにちっとも狂わない。ギャグで買ったのに拍子抜けである。ムーブメント(臓物)は3133という。これはValjoux社がクロノグラフを7750(検索すると途方もない値段の時計が出る)に更新した時に旧型の7733及び7734(日付付き)製造設備を売却したようで、ほぼ7734と同様の構造になっているがクロノグラフ部分に人工ルビーが入っているなど若干ゴージャスになっている。本物よりちゃんとしてどうするのだ。

|

« ソ連の時計(3) | トップページ | ソ連の時計(5) »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すき家で並盛豚汁定食が出てくる時間:

« ソ連の時計(3) | トップページ | ソ連の時計(5) »