« ソ連の時計(6) | トップページ | 掛川花鳥園(2) »

掛川花鳥園

Emu 掛川花鳥園とか行ってきた。入場料は1050円と高い。しかしそれよりあちこちにエサ50円だの100円だのがあり、これを持つとソロモン王のごとくわじゃわじゃ鳥が集まってくるのでクレーンゲームでほしいものが取れない状態のごとく百円をつぎ込みまくる事態と相成った。

Oohasi もうオオハシなんぞは量産型ザクのごとく出てくる。腕を保護するために腕袋貸してくれるがやつら肩や背中にも止まるので意味なしである。このあとヨウムが一生懸命左腕をいじくっているのでなにかと思ったら時計を解体していた。

Menfuku

メンフクロウの顔は平たくない。知らんかった。
能面のごとくペッタンコだと思っていた。超かわいい。

|

« ソ連の時計(6) | トップページ | 掛川花鳥園(2) »

趣味」カテゴリの記事

コメント

「目だ!目を狙え!」とダチョウの目が語っているように見えますが気のせいでしょうか?

投稿: さのじ | 2006年10月22日 (日) 22時24分

彼はだてふではなくエミューです。
彼女かもしれませんが。
すげー穏やかで人懐こい子でした。餌目当てですが。

投稿: なかた | 2006年10月22日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掛川花鳥園:

« ソ連の時計(6) | トップページ | 掛川花鳥園(2) »