« ソ連の時計(8) | トップページ | ありがちな仮想現実 »

掛川花鳥園(6)

掛川花鳥園のお土産だが「ベゴニア羊羹」というものが売っていた。
あまりにおっかないので家族に食わせて自分は食わなかった。
すっぱかったらしい。そういうものか。

|

« ソ連の時計(8) | トップページ | ありがちな仮想現実 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掛川花鳥園(6):

« ソ連の時計(8) | トップページ | ありがちな仮想現実 »