« ソ連の時計(5) | トップページ | 掛川花鳥園 »

ソ連の時計(6)

で、ポレオットがバルジュー7734のリサイクル的位置づけであるわけだが
http://www.ofrei.com/page240.html
298ドル。

ちなみにバルジュー側の後継である7750は316ドル。
……ときてうちのポレオットは1万5千円なのである。先日ポレオットユーザー達と会話する機会があったが壊れても誰も直さない(笑)。
資本主義ってなんだっけ、とか思う瞬間である。

上記の通りタグホイヤーその他7750をポン載せしている時計屋は多い。ていうかほとんどこれだ。ブライトリングやオメガもこれの改造機を積んでいるものが多い(他にもレマニアとかいろいろ使ってるみたいだが)。先述の通り7734にもおもいっきりブライトリング銘が入っているものがある。中身が三万ということはドンガラの価格が……
資本主義ってなんだっけ(略)

|

« ソ連の時計(5) | トップページ | 掛川花鳥園 »

とけい・とけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ連の時計(6):

« ソ連の時計(5) | トップページ | 掛川花鳥園 »