« ブランパン | トップページ | 夢を見た »

冥王星が惑星でなくなった話(3)

冥王星が惑星でなくなった話は、日本人にとってはあー、ホルストの惑星買い直さずに済んだわ、それとも今のうち買っとくか?程度であるが、アメリカ人にとっては衝撃がちがうようだ。なにしろ唯一アメリカが発見した「惑星」だったのだ。ジャパニウム合金で作られたマジンガーZだったと思っていたものがコリリウムを使ったテコンVにされてしまったようなものだと思えばよい。ディズニーのプルートーも冥王星にちなんだ命名だった。そこでこういうニュースとなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060826-00000405-yom-soci

この読みどころはなんといっても

  • 「ディズニーは「こびと(ドワーフ)」たちが24日、声明を出し、「ミッキーマウス」の忠犬、プルート(冥王(めいおう)星の意)を自分たちの仲間に迎え入れる用意がある、と発表した。」

声明を出したのはあくまでドワーフであり、ディズニーはそれを伝えただけなのである。あくまで中の人などおらず、あのこびとがあの暑苦しい格好のまま協議を行い(それともやはり企画会議中はネクタイしているのだろうか?)、意志統一を行ったのだ。

おそるべしドワーフ
おそるべしディズニー
やっぱ戦前にファンタジア作っちゃった国と戦争やっちゃあかんのである。

|

« ブランパン | トップページ | 夢を見た »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星が惑星でなくなった話(3):

« ブランパン | トップページ | 夢を見た »