« 日本沈没第二部読了 | トップページ | 復旧する »

ラーメン

新聞を読んでいたら住宅の宣伝に目がとまった。

高剛性ラーメン構造

別におかしくはない。要するに門型構造のことだ。高架の鉄道なんかはかなりの数がラーメン構造である。しかし一般の方々が見たらどう思うだろうか。三分経つとふにゃける印象持ちそうな気がしてならぬ。

R0010968 ふと連想したのがこの写真である。手前わずかに切れているが、空中に黄色いレールが三本張り出しているのがわかるだろうか。奥を見ると、このレールに巨大な構造物がぶら下がっていることがわかる。この箱のなかで橋を建造し、新しく作られたその構造にレールを敷き、またそこから箱を繰り出していくのだ。墜落の心配も風雪の脅威も激減、こりゃいいや。この工法ドイツ産だとかで、巨大なこの箱のことを「ワーゲン」と呼ぶそうだ。ワーゲン。車だ。まあ、そりゃもちろんワーゲンだとも。
今後ワーゲンといったら六車線道路を軽く収容できるクルマを連想するように。

|

« 日本沈没第二部読了 | トップページ | 復旧する »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン:

« 日本沈没第二部読了 | トップページ | 復旧する »