« ゲルマニウム | トップページ | PCを検証する »

オイルを交換する

我が家の猫で白黒のものがいるがそいつは我が愛車の下を根城にしている。車のドアを開けると隣に移るので問題はない。700ccクラスの車体に1600ccぶちこんじゃった車なのでボンネット内はそれこそ

「猫の子一匹通しません」

である。彼の背中の油染みはオイル交換のひとつのゲージとなっている。今回よくわかんないアメリカのオイルから、購入しておいたMotul社の300V Power Racingに交換した。なんでこんなもの持っているのにわけわからん油使うかというと、交換が面倒くさかったからだ。300Vは輸入代行店と正規店で倍の差がある。まじめに買うと2リットル6000円とか取られるのだ。さすがに付き合いきれない。しかも並行品は缶型で一目でわかる(国内流通はプラボトル)。持ち込んで「あんたの店のは高くてよー買わんけど交換だけやってくれ」という度胸はなんぼなんでも持ち合わせていない。
やはり良い。車が数十kg軽くなった感じがする。自動車で10kgの減少がえらい事であるのは認識しているが(うちの車は所詮コンパクトカーのため、同乗者やガソリンの減少をはっきり感じられるのだ。そして、その軽量化がいかに難しいかも)、まるでガソリン切れ寸前の軽量さだ。吹き上がりもすばらしい。
問題は、冗談抜き3000km走行でパーになることである。国内流通品はとても入れられない。

|

« ゲルマニウム | トップページ | PCを検証する »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイルを交換する:

« ゲルマニウム | トップページ | PCを検証する »