« オイルを交換する | トップページ | 我が耳を検証する »

PCを検証する

やっと512MBのメモリが届きトータル1GB、なんとか使える範囲内に納まる。もう1GBベースでいいんじゃないかとか、せめて汎用メモリ使えるようにしてくれないかと思うが、実際パナソニックシリーズでの互換は確保している(FSBが落ちる)ようなので頑張っているのかもしれない。マツダ地獄のような話である。1GBメモリが4万て、何だ、それは。

カバー類がよく考えられていることは書いた。キータッチは許せる範囲である(保守性はパナのほうが高そうだ)。膨らんでいるキーはスペースキーだけだ。矢印キーが膨らんでいないのは十分には関係ないが(周囲に十分な空間を取っており押し間違いはない)障害者には大切なことだそうだ。よくある膨らんだキーは口にくわえた棒では押せないのだそうだ。Thinkpadはこのために膨らんだキーにはひっかかりのためのラインを入れている。
もっともLet'sNoteの場合、今どき珍しいごっついラッチが付いているとか電源がスライドレバーだとか、それ以前の問題という気はする。頑丈さはすばらしい。スピーカーが株にあるのでらっこモードで使おうとすると音が分厚い脂肪層に阻まれ聞こえなかったりする。ここはやっぱりソニーが一番うまい。

メモリさえ汎用化してくれたらずいぶん使えるPCだと思う。まあR5(1スピンドル)は売れないと思うが。

|

« オイルを交換する | トップページ | 我が耳を検証する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCを検証する:

« オイルを交換する | トップページ | 我が耳を検証する »