« 国道 | トップページ | OBH-22 »

W-SIM対応端末の開発を支援するLinux OS搭載PHS端末

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/29839.html

ご存じの通り国内PHSで唯一未来がありそうなWILLCOMであるが今回W-SIMカードを使用した開発キットを販売する運びとなった。OSはLinux、筆者にはよく分からないが拡張端子等は汎用性の高いものでかなりいじりがいのある代物らしい。今後PCなどにも付くことを期待する。できればCFやPCカードスロットアダプタが出るのが望ましいがそこまでは無理か。富士通あたりW-SIMスロット付きPCとか作りそうだが。
しかし、ちょっと待て。
W-ZERO3はご存じの通りWindows Mobileで動く(ちなみにメンテナンスモードに入るとザウルスとの記述が出る)。WX310KのOSは確かTRONじゃなかったか。あと残るはSymbian位か。
W-SIMの発展性はすごいというかそんなに手を広げるならバグ減らせとか思うところは色々あるがまあいいや。しかしこの実験機、リアルVGAだったら割と本当に欲しいところだ。

|

« 国道 | トップページ | OBH-22 »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W-SIM対応端末の開発を支援するLinux OS搭載PHS端末:

« 国道 | トップページ | OBH-22 »