« 詐欺 | トップページ | 科学とオカルト »

HDMI1.3

筆者が比較的ピュアオーディオ志向なのはご存じの通り。SACDとDVDオーディオについては「やっててください ご勝手に」位の印象しか持っていないが、ブルーレイプレーヤーとしてのPS3とそれに搭載されるHDMI端子には強い関心を抱いていた。なにしろ今のS/PDIF端子で転送されるドルビーデジタルやdtsは圧縮が強すぎて音楽には向かず、各社が思い思いの規格で接続するか、アナログで出すしかなかったのだ。交響曲をホールの音響独り占めで楽しむのは、ごく限られた人にだけ許された道楽だった。しかしPS3には新規格のHDMIを積むという。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060622/hdmi.htm

PS3のHDMI端子が一つに減らされた時はどうなるかと思ったが一安心ではある。映像とともに欠落のないマルチチャンネルの音響をAVアンプに流し込むことができる。AVアンプはデジタルアンプの普及で急速に音が良くなった。まあ、現行のHDMI端子付き上級AVアンプを買ったみなさんはいい面の皮だが。
さて天下のMicrosoftがどう反撃するか。コンポーネント端子とドルビーデジタルでお茶を濁すか、それともHD DVDユニットを高機能化(事実上ユニットがHD DVDプレーヤ相当の機能を持つことになる)するか。個人的にはHD DVDのほうがありがたいのだが(HD DVDは2層にして在来DVD映像を載せられるので、OVA等はHD DVD版を買って当座はDVDで視聴し機械更新と共にHD DVDで閲覧と進めることができる)、製作者側がこのへんを見切れるかどうか、まあそれ以前に果たして「CDの音質で十分じゃん」という大勢の声をどう納得させるか。ぶっちゃけた話コンテンツがある程度揃わないうちはハードを買う気はないので、泥仕合をゆっくり観戦させてもらおうと思う。

 

|

« 詐欺 | トップページ | 科学とオカルト »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDMI1.3:

« 詐欺 | トップページ | 科学とオカルト »