« CREEK OBH-22 | トップページ | 詐欺 »

朝食を食べると成績がよくなる!?

あれはどこの種族だったか、 虱かなにか寄生虫と健康の関係に気づいた者がいたらしい。健康な人間には虱がつくが熱病にかかっている人間にはつかない。かくて彼等は虱を保護し虱の無い人間にわざわざ移植した。
統計というのは簡単にできるし相関関係も求められる。しかし原因と結果を吟味しないとこういう事になる。

さてあれはどこだったか、確か日章旗によく似た社旗の新聞だと思ったが、標題のようなタイトルの記事を書いていた。無論そうではない。朝食を毎日きちっととるような規則正しい生活習慣を持つ家庭で育った子供は勉強時間もとっている可能性が高いというのが正しい相関関係だろう。ちなみに筆者は朝飯はおろか昼飯まで抜いて昼飯代でゲーセンに入り浸っていたが七帝大のひとつには現役合格した。偏差値が20以上低い滑り止めに落ちたのは秘密だが。
もちろん記事には上記のような内容が書かれているが、標題でミスリードして本文に正しいことを書くというのが当該新聞社の得意技であるので注意せねばならぬ。

ほんとの話をすれば塾だの予習復習だのというのがおかしいのだ。復習はまだしも予習は絶対おかしい。ていうか予習で理解できりゃ教師なんぞいらんし、限られた時間で理解させるのが教師の仕事だ。まあ彼等もしょおもない労働押しつけられているのだろうが。
ぶっちゃけた話ガンダムが面白いのに歴史・地理の授業がつまらん訳がないのだ。この世で一番キモチイイこと、つまり殺人と戦争をぼかすからこうなる。理科も同様。とはいえ化学はなかなかうまくやっている、というのは高校化学程度でもちょっと学べば爆発物や毒物(中略)、物理もまた基本的には大砲を相手にぶつける学問だからだ。しかも物理を学ぶというのは中学校数学の復習でもある。微分を発見したのはアイザック・ニュートンだ。つまりそういうことだ。同じことを二度、変数の表記だけ変えて教育しているのだ。壮大な復習だ。理解できないとしたら、教師の教え方が悪い。
まあ実際、教師の質は悪いのだが。

|

« CREEK OBH-22 | トップページ | 詐欺 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝食を食べると成績がよくなる!?:

« CREEK OBH-22 | トップページ | 詐欺 »