« Neatfreak | トップページ | 地球は狙われている »

Walkman

ネットワークウォークマン、じゃなくてWalkman A NW-A1000を購入した。すぐ1200になるのだろうが、まあいいだろう。
しかしうちのシステムは増設繰り返しCドライブではないのだが、これを装着するとみごとにCとなり、再起動すらできなくなったことには辟易した。箱は高級感を優先しているが完全に滑っている気がする。

なによりも致命的なのは面倒くささとエコシステムである。悪名高い転送3回の制限はなくなったが、ソフトが動作するまでに3回は落ちた。そして充電は専用ケーブルで行なう。それも、充電の元はUSB端子で、それを専用のおかしな形の端子に変換するケーブルだ。ご丁寧にUSB電源(コンセントの電源を5Vに変換してUSB端子に出力する機械)が入っていた。
だったらminiB型でいいからUSB端子を付けてくれればそれで済んだ、というかiPodであればそれでも許されるのだ。かの機器は既にサードパーティーが大量についている。よりどりみどりのケーブルを販売している。筆者が好む巻き取りケーブルもある。また
http://www.e-netten.jp/sengoku2/cgi/search.cgi?toku=%8F%80%94%AD%94%84&cond8=or&dai=&chu=&syo=&k3=4&pflg=n&list=2
コネクタだけの販売すらあるのだ。どうせデータのやりとりはそうしないのだから、せめてEIAJ#1の端子がついていれば。というわけでさくっと切断した。

Walkmanとりあえず心配なのでクレードルも注文したが。

電池の持ち、再生モードの中に「ライン出力モード」があることなど優れた点も多いのだが、今の状況では逆転は無理だろう。iPodが売れることで、iPodを扱う各社がこれで儲け、だからこそiPodは潰せない、というエコシステム(生態系)を形成している。このオプション品の量を見ただけで「勝てない」ことは一目瞭然だ。ソニーストアで1000対応の製品を検索しても5個ほどしか出ない。

ソニーは飛び道具が必要だ。例えばBluetoothにして60GBユニットは鞄に入れ、手元で全て操作可能かつ携帯電話の応答も可能なワイヤレスリモコンを出せばいい。出来ることならこの機器、VAIOの端末や動画再生に対応するのが望ましい。
せめて今回のUSB端子付きウォークマンが4GBだったらnanoから取れたものを。

|

« Neatfreak | トップページ | 地球は狙われている »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

で、私も青のサントラを探す訳です。物置のダンボールか?

投稿: さのじ | 2006年5月29日 (月) 20時52分

ぱにぽにだっしゅ!の終盤で6号さん(鈴木さやか)の異名が「蒼の6号」になってたのに笑いましたがやっぱり大きなお友達向け作品ですねえ。
あとBBC記録映画DEEP BLUE検索すると超B旧映画が出てくるのもむかつきますがスピルバーグが宇宙戦争で何もかもかなぐり捨てて下世話大全開になったのは喜ばしい限りというかもう宮崎駿に悪役1号撮らせてやれよというか

投稿: なかた | 2006年5月30日 (火) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Walkman:

« Neatfreak | トップページ | 地球は狙われている »