« やるなあ無防備マン | トップページ | DAC考察 »

アンプのさらなる改善

さきの記述でALPHAプロセッシングと書いたがどうもバーブラウンの20BitDACの他にそういうデンオン独自のナイスな回路が入っているかもしれない……らしい。
影も形も見えないがそうらしい。

Opampmod とりあえずケチられていたOPAmpをバーブラウンに直してみた。外側二カ所はハンパじゃなく高い。この基板一つ四千円、内側は600えんである。それでも百円以下とは次元は違うわな。
とりあえず鳴らしてみると善くも悪くも「デンオンの音」の癖が減り自然な音色になってきている。かなりディテール感などは改善されているがこのあたりは慣らし後のお楽しみだ。次はクロック交換だ。
ちなみに中央の黒い二本の妙に太い線はデジタル回路等への専用のアース線だ。オンキョーが銅バスプレートと自慢しているが同等のことはとうにやっているわけだ。無闇矢鱈とジャンパー線が多いのは、コードのほうが銅箔より能力が高い(あたりまえだぬ)からだったりする(実際チューニングショップではプリント配線をすっかり配線しなおす強者もいる)。こういうところはさすが音響メーカーだ。くだんのバーブラウンのDACも真面目に買うと1万近くしたものが2つ入っており、7万5千円の製品には大変だ。

さてQuadがESLシリーズという変態スピーカーを作っていることは以前書いた。QuadはB&W社と悩んだ結果購入した。ちなみにB&W社のスピーカーはサントリーのビルの頂上についているのとよく似たウンコが付いているのが特徴である。しかしながらこれも、フラッグシップ機種のスピンオフであるらしい。
http://www.bwspeakers.com/index.cfm/fuseaction/products.models/label/Model%20Nautilus

コメントしづらい話であるのう。

|

« やるなあ無防備マン | トップページ | DAC考察 »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンプのさらなる改善:

« やるなあ無防備マン | トップページ | DAC考察 »