« PSE | トップページ | めがねめがね »

昨今スポーツというのはどうも渇きを覚えるころには疲労が溜まっていて手遅れでどんどん飲ませろという話らしい。実際自転車でもボトルケージ2個抱えて走ってるロードの皆さんをよく見る。並走すると「このペットボトル差し入れてあげたいなァ」とか思うが相手も邪魔だろうからやらない。ただ正直自転車用ボトルというのは理解しがたい。とにかく臭い。形状が特殊で他のものが入らない。飲み口が異様にちーこくてすすりにくい。かくて筆者はペットボトルケージ+ペットボトル蓋につけるワンタッチキャップで走り回っていた。同じことを思った人はいるらしく、リュックサック状のもので水タンクを背負い、ホースを口もとに引っ張ってくるキャメルバッグという製品が一世を風靡した。なにかに使えそうだなと思っていたらイラク戦争ではどいつもこいつもキャメルバッグないしその類似製品を使っている。うっかりするとキャメルバッグ背負いながらドア蹴破ってエントリーしている写真などがある。これらは米陸軍サイトを参照されたい。もっとも自転車用品というのは、軽く容積が大きい代わりに高価でペラペラで取り出しにくい(どうせ走行中は取り出せない)というのが定番で、キャメルバッグの軍用版は桁違いにゴツくなっているか、同業他社製品である(笑)。ちなみにうちのEAGLE社のAIIIバックパック(米軍正規採用同等品)も3リットルのキャメルバッグを搭載するコンパートメントがある。

だいたい導入が長いのは後ろめたいことがある時である。友人の装備が羨ましくなって買っちゃったのだ、Nalgeneさんちの1リットル水筒。しかもスマーチューブ用蓋(ペットボトル用は前から持っていた)付きで。

Devildog 右側のポケットに納まっているのがナルゲン1Lである。ちなみにナルゲンの素材はポリカーボネイトで、つまり象が踏んでも壊れない筆箱と同じ材質である。形状的には不利なので犀くらいなら踏ませてみてもいいかと思う。
逆に言うとこの程度のものは2個簡単に携行できる。上に冬虫夏草のごとくはみ出しているのはスマーチューブ(ペットボトルやナルゲンをキャメルバッグもどきにするキット)のチューブをキャメルバッグ純正クネクネ人形君に取り替えたもので、つまりスマーチューブは何が残るんだとかつっこむとややこしい話になるので禁忌だ。ついでに言うと実は追加ポーチ類の位置も実用にあわせてごっそり変わっている。これがPALSのいいところだ。細長いポーチには消毒綿花・赤チン・接着包帯等のファーストエイドやマッチ等が入っているのでほとんど開封することはない。ジッパーが青色なのはコンパス付きのジッパータブに替えた為。繰り返しになるがMaxpeditionは素晴らしい。カスタマイズでさらに手放せないものとなりつつある。

余談だがかつて郵便局と呼ばれていた組織から封筒を頂いた。ぜひ拡大してご覧頂きたい。不要なチェックを省いて省力化を押し進めるのは素晴らしいことである。

Dokuritu

|

« PSE | トップページ | めがねめがね »

スポーツ」カテゴリの記事

  • (2006.04.08)

コメント

なるげんはルビーレッドのモデルが「生き血をすすっておりますイヒヒヒヒ」という感じで素晴らしいのでオススメであります。うちのJumboは緑で赤は合わない感じだったのでなるげんはセージグリーンで折れましたが(笑)、黒のDevilDogには合いそう。

投稿: ぬまにゃん | 2006年4月 8日 (土) 16時16分

残量確認最優先だったのでなるべく透明度の高いものというだけの判断でセージグリーンになりました。烏龍茶入れると極めて不気味です。1L広口ビンにだけラインナップがないのはなんか新手のいじめか、と思ったが、よく考えたら、あ、ナルゲンてあのナルゲンか。
http://www.nalgenunc.co.jp/cgi-bin/detail.cgi?id_no=2107
あったよパパ! でも蓋の寸法が全然違うよママ。それに病院の診察待ちでこれで茶飲んでると今度こそ遠くに連れてかれちゃいそうな気がするヨ。
ちなみにそのキャメルバッグもどきですが、家ではパックごと壁にかけておくと極めてものぐさに茶が飲めてよろしゅうございます。

投稿: なかた | 2006年4月 8日 (土) 18時14分

で、検索してみたら、いろいろ妙なものがありました。
http://www.nalgene-outdoor.com/store/subcategory.asp?categorysubcategorycode=32
http://www.nalgene-outdoor.com/store/subcategory.asp?categorysubcategorycode=33
純正うそキャメルバッグ
http://www.nalgene-outdoor.com/store/subcategory.asp?categorysubcategorycode=9
これは日本で売っているが、右のは「本業(化学・医療液体バッグ)」そのまんま
http://www.nalgene-outdoor.com/store/subcategory.asp?categorysubcategorycode=42
なんだかよくわからない
http://www.nalgene-outdoor.com/store/subcategory.asp?categorysubcategorycode=35
なるげん磁石
http://www.nalgenelabware.com/products/productDetail.asp?product_id=281&subcategory_id=130&category_id=130&brand_name=NALGENE+Labware&category_name=Bottles&subcategory_name=
これは気になる
http://www.nalgene-outdoor.com/store/subcategory.asp?categorysubcategorycode=195
他にナルゲンTシャツとかあったが何に使うのかねそれ

投稿: なかた | 2006年4月 8日 (土) 20時06分

医療用透明ナルゲンに薄いコンソメスープ入れておいて、「お、お茶かなんかですか?」と言って誰かが飲み始めた時、すかさず「いや、それは私の尿だ」と言うのはどうすか。

ナルゲンTシャツはあまり欲しくないですが、コールドスティールの「刀匠」キャップはちょっと欲しいです。

投稿: ぬまにゃん | 2006年4月 9日 (日) 15時39分

例の圧縮できるパックにトマトジュースかアセロラドリンク詰めて病院の待合室で
「むーやはりA型はこの微妙な酸味が……喉越しが違うよ」
「大事にしてくださいよ 貴重なRh-なんですから」
「なにをケツの穴の小さい 今度いい血を奢ってやるよ16歳の処女の400ml献血だ 二回分のブレンドだがね」
とかやるのはどうでしょう

投稿: なかた | 2006年4月 9日 (日) 19時49分

自転車用ボトルはお茶を少量注いでシャカシャカ振ると一発脱臭です。半日位は異臭が滲みだしません。が、馴れてると全然気にならなくなります。寧ろ臭くないと不安。
使用時の注意ですが、吸うにはかなり労力を要します。上下逆さまに持ちボトルを握り込むと中身が勢い良く飛び出し、上手い具合に飲む事ができますよ~。
で、ダメな感じのなるげん用アイテムを手に入れましたので、例の「お道具」のページをば是非。

投稿: さのじ | 2006年4月12日 (水) 00時36分

どうもプラスティック臭と残量判断の難しさ(透明なものもありますが)、目的地周辺で降りて散策するときのハンドリングから自転車用ボトルの使用は敬遠し、ミノウラのペットボトルケージと
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/10796.html
を使っていました。これなら片手で走りながら飲めますから。もっともBD-1にはそもそもボトルケージ/ポンプのネジ穴がないので(そもそもダウンチューブが事実上無い)ミノウラさんやゼファールさんをフル活用しています。出先でボトル破棄して帰って来れるのもありがたいです。
ナルゲン用ペットボトルケージってあるんですねー。ぬまねこさんも言ってましたがとりあえず
http://item.rakuten.co.jp/sirius/naguard/
を使えば飲みやすさはかなり改善するというか単体で乗車中に飲むのは無理でせう。自転車向きでは
http://item.rakuten.co.jp/sirius/otg/
のほうが向いていたかもしれません(これ用のケージがあるか分かりませんが)。それともスマーチューブ付けてキャメルバッグもどきにするかですが(自転車装着とパック装着両方に使えるので、意味なくはない)、
http://item.rakuten.co.jp/sirius/nasma/
肝心のホースというか先端バイトバルブの出来がかなり悪く、これだけキャメルバッグ用を流用するか(ホース径は極僅かにスマーチューブのほうが太いが許容範囲)バイトバルブカバーがないと飲み口プラプラさせる羽目になるしチューブディレクター(針金入りサーマルジャケットで位置決めができる)もほしいしと考えていくと、これまたさきのMaxpedition通販店で軍用買ったほうがはるかに安かったという話に……
サイクルベース名無しでもやはりキャメルバッグ系は一度使うと手放せないが部品がボッタクル商会という評価が多いみたいですね。

投稿: なかた | 2006年4月12日 (水) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« PSE | トップページ | めがねめがね »