« なんか写真が入れ代わっているが | トップページ | プリアンプ »

PSEのその後

久々にヴィンテージ品リストを見てみたが案の定えらいことになっている。
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/tetsuduki_annai/vintage/list.pdf
「世界のオーディオ製品フルリスト」に向かってまっしぐらである。
揶揄の意味を込めて「DENONはDCD-1650GL系列全部名品だろ」とか言っていたら本当に全部登録された。DCD-7.5(小型ミニコンポの単品売りモデル)とか全然ヴィンテージじゃないような気もするが仲間割れしても仕方なかろう。PMA-390(入門アンプ)も見事歴代勢ぞろいである。性格は入門機の優等生といったところ。
Dac もっとも未だ筆者の愛用するDA-500は入っていない。こいつはDCD-1650クラスには至らないかな?といった機械からCD駆動部を取っちゃったという代物で、単品DACとしてはバカ安製品だった。この機械を通すとiTunesの圧縮音楽がコテコテのDENONサウンドになってかなり笑える。当然こんなもんが売れる筈も無く(新品では単体7万程度)、たぶんみんな忘れているものと思う。なにしろ当のDENONホームページ歴代機種にも出て来ない。ちゃんとドルビーデジタルのパススルーも出来るのでAVセレクターとしても重宝するのだが。
しかし改めてでけえなX-BOX。
3月末に発売されたPSEヴィンテージリストは34ページ、現在既に53ページ。今後どれだけ増えるかお楽しみである。
未だセガサターンもドリームキャストも掲載されてはいない。QUADの静電スピーカーも載っていないが、まあ、あれは本当にヤバイからなー

|

« なんか写真が入れ代わっているが | トップページ | プリアンプ »

オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSEのその後:

« なんか写真が入れ代わっているが | トップページ | プリアンプ »