« にほんの技術は世界二 | トップページ | SuperJupinaの続き »

SuperJupina届く

期待の新星SuperJupinaである。サイズは微妙だった。シュアファイアE1eとは比べ物にならないほどでかい。これなら単3仕様にすればよかったかな、と若干後悔した。
外観はGentosとしてはかなりまともだ。ハードアノダイズドというほどでもないがまあアルマイト処理で深いグリーンに仕上がっている。ローレットは甘いが仕方あるまい。
ボタンは案外快適に間欠点灯できる。光量は、なるほどこれが日亜かと疑うほど改善されている。LED LENSERと比較すると昔日の思いだ。なによりの魅力はこのパキッとした配光で、まるで劇場のスポットライトのごとく、闇を円形に切り取ったがごとくくっきりとした円を描く。まあこういう配光は実用には使いづらかったりするが、このおかげで案外遠くまで届く。色合いはかなり青い。どうせシャレなら電球色にすればよかったかと後悔した。
もっとも頑張ってはいるがやはりLuxeon3Wには敵わない。壱式V4.0はより広い範囲を遥かに明るく照らす。もっともこれは壱式が突出しているという話もある。
しかしながらランタイムや発熱には期待できるかもしれない。明日は通勤に携行して試してみようと思う。もっとも遊ぶだけ遊んだら分解解剖する可能性が濃厚だ。

|

« にほんの技術は世界二 | トップページ | SuperJupinaの続き »

きかい・きかい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SuperJupina届く:

« にほんの技術は世界二 | トップページ | SuperJupinaの続き »